主婦から億万長者へのみち

株取引やクラウドワーク、不動産投資など色々探ってます。雑談もね。読者登録大歓迎です~


スポンサードリンク

すかいらーく株主優待は、すかいらーくを幸せにしているのか


スポンサードリンク

株式相場、大変な下げに見舞われています。

自分は、かろうじて信用取引の現引きという幕引きで
現金はもうすっからかんですが、追証を迫られ強制損切りの刑は
免れましたが、この先何年この塩漬け株たちを抱えて生きるのか、
と途方にくれています。

こんな相場のなかで、個人投資家の唯一とも言える最後の砦。
それが株主優待。

12月の株主優待といえば、すかいらーく。

資金力と瞬発力と知識のある方は、株主優待タダ取り作戦で
ウハウハしているのでしょう、羨ましい限りです。

 

shufudatte.hatenablog.com

残念ながら自分は資金がないので、負け惜しみに
塩漬け株を担保にして売り建やデイトレをしましたが、
なんとか数万円稼げたのみで、

このところの株爆下げの損失を考えると、
含み損の方がはるかに多いという悲しい状況です。

でも数万円でも稼げたのは良かった。
このことも後日記事にするかもしれません。

 

で。タイトルの件です。
すかいらーくは、株主優待も配当金もなかなかのもの。
しかし、四季報にも株主優待の費用も重荷。と書かれている。
四季報に重荷と書かれる状況。

すかいらーくにとって株主優待は、株価を支える砦なのでしょうが
既に相当な費用負担を強いられている状況が伺われます。

今のすかいらーくにとって、株主優待は、救いの神なのだろうか。
頭痛のタネではないんだろうか。

過去に豪華優待によって株価を支えられてきた企業が
優待の費用を賄いきれず、優待改悪→株価大暴落という
憂き目にあってきた歴史をみると、
この四季報の重荷、という文言が、改悪の未来を予言している
ような気がしてならない。考えすぎだろうか。

 

やっぱり全力でただ取りをゲットしに行く。
それしかリスク回避の方法はないのかもしれない。
でも、その行為が、すかいらーくを、未来の自分を苦しめる
のかもしれない。

 

まあ、自分はとにかく現金が数万円になったので
来年は仕事を増やさないといけない。
日経平均の長期チャートを見ていたら、5年は我慢しなくては
いけない気がしてきた。・・・・なんてことだあああ。

こうなったら塩漬け株を元手に売りで稼ぐ、でしょうか。

しかし下がると思うと上がるのが常。悩ましい。

トレードが上手くなりたい・・・・がんばろう

 

f:id:shufudatte:20170916130808p:plain

 

 


スポンサードリンク