主婦だってリッチになりたい

主婦だけどリッチになりたいので夢を叶えるべく色々やるよ!株はライブスター証券。主に楽天証券のマーケットスピードと日経チャンネルを眺めてます!モニターやクラウドワークスなどその他の副業も実施予定


スポンサードリンク

【徒歩で楽しむ軽井沢】③休日とくに連休のホテル・旅館は高値!今回は駅前のアパホテルを利用

軽井沢は、東京圏からもアクセスがとてもよく、
その分、初夏~秋の終わりまでの間の連休、週末、
とくにお盆などの大型の休暇中は激混み!
日帰り客も多いようですが、宿泊施設も盛況。

お盆期間は人気の宿を中心に軒並み満室、料金も
素泊まりで1人3万円くらいかかることも。
お手頃価格で頑張ってくださっている宿もあるみたい
ですが、当然ながら早々に満室。

 

今回は、そうした最繁忙期どんぴしゃ。
連休中に軽井沢へ行きたい。でも予算がない。
駅前からタクシーに乗るまでに1時間以上待つ。
という噂を現地の人から得ていたので、軽井沢駅近くの宿を
探しました。

で、価格、駅からの近さで最終的に選んだのが、アパホテル

f:id:shufudatte:20170821114835j:plain

駅近くのホテルで人気ランキングに挙がるのは、
プリンスホテルだったりしますが、
プリンスホテルは駅から少々離れていて、送迎バス
が出ているよう。しかし、混雑期になると、
その送迎バスも結構待たされるらしい。と聞いたのと、
プリンスホテルの夏の休日料金が凄く高い!ので断念。

今まで、格安のビジネスホテルでアパホテルの類似と言われる
東横インに宿泊したことはあったのですが、アパホテル
初体験。

 

アパホテル軽井沢駅前〉軽井沢。の感想は・・・
<良い点>

  • 軽井沢駅から徒歩3分。バス停まで徒歩1分
    タクシー待ちや送迎バスの行列に並ぶ必要もない。


アパホテルを出て右(駅方面とは逆)に2分ほど歩くと
巨大ショッピングモールである
軽井沢・プリンスショッピングプラザにつながる通路
あり、そちらの通路は通行客が少ないため、人ごみを避けて
宿からすぐにショッピングモールに行くことができる。
車を持たないで軽井沢観光や
買い物をするには格好の場所です。
もちろんチェックイン(15時)前に荷物を預けることが
できるので、何時に到着してもすぐに観光を身軽にできます。
(ただし格安ビジネスホテルなので、部屋に荷物を運んで
おいてくれる、なんていうサービスはありません)

 

  • お盆などは、素泊まりで3万円近くするホテルが多いなか、
    アパホテルは駅前なのに素泊まりで1泊1人あたり
    1万5000円程度(ダブルルーム使用)で済んだ。
    おかげで2泊することができました。

  • 混雑期の格安ホテル、ペンションはもちろん、
    人気高級ホテルも軒並み満室のなか、
    アパホテルは客室が多いため、直前でも予約可。
    (禁煙室にこだわるのであれば早めに予約を。
    禁煙室は満室になるのが早いです。)

 

  • ロビーに読売新聞が積んであり、新聞が貰える。
    新聞を読む習慣がある人には嬉しい。
    さらに、読み終わった新聞を靴に詰めれば、
    雨で濡れた靴も翌朝には乾いています。オススメ。

 

  • さすが軽井沢!8月でも、アパホテルの小さな1つ窓でも
    夜開けて寝るとクーラー要らずでした。
    クーラーのない夜は快適で幸せでした。

 

<アパホテルのここがイマイチ>

  • 狭い!狭い!ダブルルームを使用したのですが、
    ダブルベッドが小さい!!
    カップルで滞在するにしても、絶対ダブルルームより
    広い部屋を予約することをオススメします。
    ダブルベッドと小さな机でほぼ部屋は一杯。
    人が横向きになって歩けるスペースが、ベッドと机の
    間にある程度。驚くほど狭い。これが率直な感想。
    これで1万5000円(1人あたり)するのは・・・
    駅前だからとはいえ、軽井沢おそるべし。

 

  • ホテルの前が道路なので、車の音が多少気になる。
    交通量は、それほどでもありません。窓を開けて
    寝たことも音が多少気になる原因ではありました。
    あと、雨の後ずっと滴音が何処からかずっとしていて。
    その音が1日収まらなかったのはちょっと閉口。

 

  • 掃除が行き届かないところがちらほら。謎の異臭が
    (汗のしみついた匂い?)がする箇所がありました。

 

とにかく、駅前で便利なのと、軽井沢の最混雑期に
なんとか2泊できる価格(でも相当高いけど)なのは
有難かった。
そして、駅前のホテルであるため、帰りの新幹線の発車
間際まで荷物を預かってもらえるのも助かった。

 

ちなみに。体調を崩してしまって、チェックアウトの時間を
遅らせて部屋でゆっくり休みたい、という人は、
1時間あたり1000円の追加料金で、15時までチェックアウトを
遅らせることができるようです。これも有難いサービス。

ちなみに。

軽井沢に行く!と決めたのが、お盆の時期の1カ月前
だったのですが、もっと前に決めていれば
駅から歩いていける距離に格安のペンションなどもある、
軽井沢に行ってから気付いたので、

(そちらの宿は早々に満室になっていて、今も10月くらいまで
予約がかなり埋まっている!!)
次回はそちらに早めに予約を入れて行きたいと思った。

 

【徒歩で楽しむ軽井沢】②新幹線のチケットをお得に割引価格で予約!発売は1カ月前から!

軽井沢に向かう方法として(東京出発)、自動車を所持していない場合、
新幹線の他に高速バスという選択肢もあります。
本数もそれなりにあるようですし、料金も新幹線より安い。
でも。
前回の記事でも紹介したとおり、

 

shufudatte.hatenablog.com

 

混雑期の軽井沢は道路渋滞がひどい!
多くが東京方面からの車なので、高速バスも所要時間が長くなる可能性が
あります。疲れも倍増・・・

今回、新幹線のグリーン車で行く軽井沢の快適さを知ってしまったので、
軽井沢へのベスト移動手段は、新幹線グリーン車とさせていただきます。

 

新幹線グリーン車は高い!と思うでしょうが、
実は早めの予約で、かなりお得な料金になります。

私たちは、今回えきねっとトクだ値、と、お先にトクだ値を利用。
その結果、行きのグリーン車は3割引き、帰りの指定席は1割引き
購入できました。

(帰りの指定席は、繁忙期で、えきねっとトクだ値の対象外期間に
指定されていた為ですが、それでも10%割引で購入できた)

 

行き:東京発軽井沢行きの新幹線グリーン車価格は
2人で10420円(1人あたり5,210円)、

帰り:軽井沢発東京行きの普通車指定席価格は
2人で10980円(1人あたり5,490円)。

なんと、往路のグリーン車の方が安い

 

えきねっとトクだ値、と、お先にトクだ値
発売日は乗車日の1カ月前から席数限定発売。
お盆などの除外日は、30%以上の割引があるお先にトクだ値
は、買えません。詳しくはえきねっとをご参照ください。

www.eki-net.com

行きの東京発軽井沢行きも、当初は普通車指定席を購入予定でした。
しかし、発売日にアクセスしたにもかかわらず、既に売り切れ・・・
計算したところ、通常価格で普通車指定席を購入するよりも、
お先にトクだ値グリーン車を購入するほうが安いということが判明。
グリーン車で行くことにしました。

 

グリーン車。快適です。かなり。
グリーン車は、静か。うるさくする人がいない。
お弁当などの匂いも残りにくい。
ブランケットもありました。(乗車してすぐの荷物棚の上に置いて
ありました)
トイレも空いていて奇麗。
フットレスト(足置き)も付いていて。
フットレストも座席も、電動で角度調整ができます!
座席は2席・2席の1列4席設定で広々。
これで普通車指定席より安いなら、絶対グリーンでしょ!

ちょうど疲れがたまっていたので、
大宮あたりでお弁当を食べ終わり、軽井沢到着まで
ぐっすり眠ることができました。

f:id:shufudatte:20170820163625p:plain


スポンサードリンク