主婦から億万長者へのみち

株取引やクラウドワーク、不動産投資など色々探ってます。雑談もね。読者登録大歓迎です~


スポンサードリンク

【乙武さん裁判へ】結局私達は、自分のフィルターをかけているだけなんだ


スポンサードリンク

乙武洋匡氏(41)が、元妻に訴えられたらしい。
民事裁判かな。

www.nikkan-gendai.com

それぞれの家庭内の問題で済まないところが
有名人の奥さんの気の毒なところですね。
夫に複数の愛人がいたことが発覚して、それが世に知れ渡るなんて
妻からしたら相当屈辱的だと思う。
なんだか不当に自分の価値が下がる気がして。
あんまりだ。

で。

すごく痛感したのが、結局私たちって、有名人を
自分の見たいように(マスコミが作ったイメージなのかもしれないが)
みてるだけで、それはその人の真の姿とは違うのかも。って
今更ながら痛感。

私は・・・勝手に・・・
きっと障害を乗り越えて結婚して、子供も3人も生まれて、
さぞかし幸せで、固いきずなで結ばれていて、不貞なんてとんでもない、
一生家族仲良く愛し合い慈しみ合い生きていくのだろう。
なんて勝手に乙武さん一家を美しく心の中で描いていた。

でもそれは、私の勝手な、そう思いたい、っていうだけの
押し付け的な感情であって。

それが現実は違うっていうことも。
それに対して自分が失望しても。
それって自分の中で勝手に作り上げたフィルターでみてた、
ただそれだけのことで。

そういえば以前、V6の三宅健さんが言ってた。
「テレビの中の人なんて、皆虚像かもしれないよ」みたいなこと。

明石屋さんまさんは、もっとすごいことを言ってた。
「世間の人が、自分のことをこうであってほしい、という風に
思っているから、自分の意思ではないことも、世間の期待に沿って
言動を変える。」って。
ここまでいくともう尊敬です。プロです。自分の人生かけて
世間の声に応えるっていう・・・・

 

結局、この人はこうであってほしい、そう勝手に思って
世間が作り上げた、または本人がキャラとして作り上げた
有名人のイメージは、大抵の場合、真実とは違っていて。

そういうもんなんだ、と思って楽しめるかどうか、
自分が試されているのかしら、なんて
どうでもいいことを考える、そんないちにちでした。

くだらなくてすみません

 

f:id:shufudatte:20160618160720j:plain


スポンサードリンク